医療法人社団愛優会グループ

クリニック、介護施設、認知症グループホーム等の運営刷新します。運動を中心に!新しい医療クリニックへ!

エビデンス

HOME ≫ エビデンス

   EVIDENCE(根拠)

男性更年期障害

0000499082.jpg
近年、男性の更年期障害が問題になってきました。更年期障害は女性特有と考えられていましたが、男性にも存在しますし、女性より症状が重篤です。 テストステロンの低下により、突然の自殺も起きています。早いと30歳半ばから起きています。運動不足や喫煙など生活習慣の乱れによるとされています。うつ病がなくても、テストステロンが急激に低下することによる特発性に自殺をしてしまいます。急激なテストステロンの低下はパニック障害などを引き起こすこともあるようです。 男性の精神不安定や苛立ち、孤独、興奮など目立たぬ男性更年期障害に配慮をお願いします。70歳代まで起きうるつらい症状の継続です。 近年では順天堂大学病院の中にも、男性更年期障害外来も出来ています。 堀江教授のサイトを掲載します。 孤独、孤立している人に発症しやすい傾向にあるようです。 https://medicalnote.jp/contents/160603-003-HX
 

コメント

愛優会グループ


TEL: 03-3869-1465
FAX: 050-3730-8781


〒134-0088
 東京都江戸川区西葛西3-11-8

モバイルサイト

愛優会グループモバイルサイトQRコード

愛優会グループモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!