医療法人社団愛優会グループ

クリニック、介護施設、認知症グループホーム等の運営刷新します。運動を中心に!新しい医療クリニックへ!

エビデンス

HOME ≫ エビデンス

   EVIDENCE(根拠)

運動する人は元気!!

0000442551.jpg
Olga KOTERUKO canada。95歳。 78歳迄運動は全くしていなかった。有酸素運動や筋トレを今はしている。ミトコンドリアや細胞や認知機能は素晴らしく良い!
2017年02月04日 23:53 |コメント|

嚥下困難・誤った知識から脱却を!

0000442363.jpg
古い知識「加齢で嚥下は飲み込みが悪くなっただけ」。運動ニューロンが侵された時に、最初に嚥下困難のダメージが来ることが解明されてきた。嚥下困難を予防・改善するには運動しかない!SIAN BEILOCK The University of Chicago 心理学教授
2017年02月04日 09:53 |コメント|

男性更年期障害

0000440528.jpg
男性は35歳くらいから、テストステロンが下がり始めます。急激に下がると、LOH症候群になり、うつ、不安、不穏などメンタルがやられます。 米国ではテストステロンのホルモン注射をしますが日本ではしません。筋トレ、有酸素運動が有効です。高齢者が動けなくなるのも、テストステロンの低下。大学病院では男性更年期障害として、泌尿器科が担当します。
2017年02月02日 22:59 |コメント|

65歳からの肉体改造・日本経済新聞

0000442125.jpg
ゆとりの高齢者には、筋トレに負荷をかけなければならない!
2017年02月02日 22:44 |コメント|

習慣化すれば。

0000440893.jpg
運動を習慣化すると、心身共に強く柔軟になり、難問をうまく処理し、決断力が高まり、うまく周囲に適応出来るようになる。ニューロン神経細胞のスイッチが入るからだ。JOHN RATEY MD Associate Clinical Professor Harvard Medical School
2017年01月29日 10:22 |コメント|

アルツハイマーな老人の病気でないことははっきりした。

0000440835.jpg
老化の病気ではないことははっきりしてきた。アルツハイマーは誰にも起きうる病気だということだ。Samuel Cohen St. John's College and University of Cambridge PhD, MSci, MA BA .
2017年01月29日 00:51 |コメント|
0000440528.jpg
ウェイトトレーニングは心臓に良い インタバルウェイトトレーニングの1セッションの運動でも、2型糖尿病合併症のリスクを改善できるようだ、というカナダ・ブリティッシュコロンビア大学からの研究報告。カナダ糖尿病協会によると、カナダ人1,100万人が糖尿病または前糖尿病に罹患しているという。「この研究では、ウェイトトレーニングなどの簡単な一連の脚の運動が、糖尿病であるかどうかによらず、人々の血管機能を改善できることを実証している」と主任研究者のジョナサン・リトル助教は述べている。「2型糖尿病患者は、心血管疾患を発症する可能性が最大で4倍高い。血管機能は心臓の健康および心臓発作リスクの指標であるが、1セッションのトレーニングでもその後に、血管機能の改善が見られた。さらに研究が進めば、このような情報が、安全かつ費用対効果の高い新たな方法につながり、人々の疾病管理に役立つだろう。」研究チームは、2種類のインターバルトレーニングとして、レジスタンストレーニング(レッグプレス、エクステンションとリフト)、および心血管トレーニング(エアロバイク)が血管機能にもたらす効果を比較した。これらのトレーニングでは、エクササイズと休憩の時間比を1対1として、高強度のエクササイズと低強度のエクササイズを交互に行い、各エクササイズを行う時間を変化させた。同年齢の参加者35人を対象として、2型糖尿病の患者、糖尿病のない非運動者、糖尿病のない定期的な運動者の3群のうち1つに割り当てた。各群は20分間のエクササイズを実施した。このエクササイズには、ウォームアップ、1分間の高強度の運動が7回、各インターバル間には1分間の休憩が含まれていた。レジスタンストレーニングによるインターバルトレーニングの後に、すべての運動者において血管機能の改善がみられた。ただし、2型糖尿病の群で改善が最も顕著であった。レジスタンストレーニングによるインターバルトレーニングのエクササイズは時間的に効率が良い効果的な方法であり、即効性の効果もあることを示している、と研究チームは結論づけた。
2017年01月28日 09:44 |コメント|

犯罪と有酸素運動

0000439652.jpg
「運動しないとバカになる!今では更に確信を持って断言出来る!」JOHN RATEY(Harvard Medical School)先生は断言。犯罪者や犯罪率を改善するには、多分、有酸素運動は必須だろう。間違いなし!

*ジョン・J・レイティ博士からのメッセージ DrRatey自閉症スペクトラム障害、注意欠陥・多動性障害、学習障害など「配線の異なる」脳を持つ(中略) そういった特性をもつ子どもの親御さんは「うちの子は脳の配線が違うんだ」と考えてください。 まずそれを認めて受け入れ、恥ずかしいと思わないこと。 大切なことは、子どもが体を動かすようにすることです。 注意力や学習に困難があっても、そして自閉症スペクトラムの症状があっても 体を動かすことで脳も行動も改善します
2017年01月27日 22:35 |コメント|

高齢者の高血圧・新基準

0000440189.jpg
米国内科学会(ACP),米国家庭医学会(AAFP)が発行した新たなガイドラインで、60歳以上の健康な成人の血圧治療の目標値を緩和。新ガイドラインでは、60歳以上の成人の場合は収縮期血圧150mmHg以上を治療開始の基準としている。それ以上積極的な治療を行っても、得られる便益はほとんどないとACPおよびAAFPは述べている。 米ノースウェル・ヘルス(ニューヨーク州グレートネック)のGisele Wolf-Klein氏によると、健康な高齢者の血圧コントロールを厳しくすると害のほうが大きく、極度の低血圧や失神などの事象を引き起こす可能性もあることが、近年の複数の研究で示唆されている。 しかし、心血管治療はどの患者にも一律にすべきものではなく、患者によっては目標値をさらに下げる方がよい場合もあると、新ガイドラインの著者らは述べている。たとえば、脳卒中または「ミニ脳卒中」の既往のある60歳以上の成人の場合は、収縮期血圧140mmHg未満を目指す必要があるという。また、心臓障害リスクが高いと思われる60歳以上の成人にも同様の治療を検討すべきだと、ガイドラインでは述べている。米ウィンスロップ大学病院(ニューヨーク州ミネオラ)のKevin Marzo氏は、「60歳以上の集団では半数以上に高血圧がみられる。十分な治療をしないと、脳卒中、心筋梗塞、心不全などの重篤な心血管障害のリスクが増大する」と指摘する。同氏によると、60歳以上の健康な人には150mmHgの目標値が適すると思われるが、脳卒中や心筋梗塞の既往、心疾患の著明な危険因子など、既知の心血管疾患のある成人の場合は140mmHg未満まで目標値を下げるのが望ましいという。
2017年01月26日 22:00 |コメント|

アルツハイマー

0000440181.jpg
脳内にゴミ(アミロイド、タウ)が溜まることで脳のニューロン(神経細胞)が死に至り、記憶や思考能力等の機能がゆっくりと失われていく病気。これをアルツハイマーという。JOHN AUTHONY HARDY/university of college london Professor
2017年01月26日 21:31 |コメント|

愛優会グループ


TEL: 03-3869-1465
FAX: 050-3730-8781


〒134-0088
 東京都江戸川区西葛西3-11-8

モバイルサイト

愛優会グループモバイルサイトQRコード

愛優会グループモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!