医療法人社団愛優会グループ

クリニック、介護施設、認知症グループホーム等の運営刷新します。運動を中心に!新しい医療クリニックへ!

エビデンス

HOME ≫ エビデンス

   EVIDENCE(根拠)

向精神薬

0000437346.jpg
知的障害児に向精神薬!!米国では向精神薬の長期投与は死亡率が上昇する。。と学会も公表している。。
2017年01月15日 09:17 |コメント|

座りぱなしは死亡率が高い!!

0000437051.jpg
死亡率が極めて高い!米国では3年前から報道されている。やっと、日本でこの報道が起きた。米国と比較し、情報が3年遅い!都
2017年01月12日 23:03 |コメント|

孤独、孤立

0000436853.jpg
子どもが巣立っていったり、家族に先立たれたり、友達が亡くなったり...好むと好まざるにかかわらず、年を取るにしたがって人は孤独にならざるを得ない。年を取ると物理的、精神的な「孤独」との闘いが始まる。そんな中、さらに追い打ちをかけるような研究成果が報告された。「孤独感」を感じている高齢者の方が、アルツハイマー病(AD)発症前の初期に出現する脳アミロイドの蓄積が多く認められると米ブリガム&ウィメンズ病院の研究グループにより米医学誌「JAMA Psychiatry」(2016年11月2日オンライン版)に発表された。
2017年01月11日 23:31 |コメント|

腸内細菌叢

0000436843.jpg
腸内細菌叢⑧。マイクロバイオーター(腸内細菌叢)は生涯を通じて戦略的に変えることができる。Justin L. Sonnenburg - Associate Professor of Stanford University
2017年01月11日 23:16 |コメント|

腸内細菌相④

0000435822.jpg
老人ホームには腸内細菌にクロストリジウム・ディフィシル感染症保菌者が半数に及ぶ。ホーム内の抗生物質投与や風呂への塩素投与、その上に下剤やその他の多剤薬剤投与の撹乱により腸内悪循環が始まる。これらが火に油を注ぐ。Justin L. Sonnenburg - Associate Professor of Stanford University *写真は生菌を入れた豆乳ヨーグルト
2017年01月10日 07:19 |コメント|

腸内細菌相③

0000435822.jpg
過剰に加工された食事、食べ物のような科学物質、抗生物質により腸内の細菌相は、その健康と安全が脅かされている。JUSTIN SONNENBERG Standford University微生物学准教授
2017年01月09日 09:40 |コメント|

腸内細菌相②

マイクロバイオーター(腸内細菌相)は変化をする。加齢に伴い弱る健康全般を改善する。JUSTIN SONNENBERG Standford University微生物学准教授
2017年01月08日 14:45 |コメント|

腸内細菌相

0000435822.jpg
腸内細菌相のことをマイクロバイオーターといいます。最近の米国、日本の科学研究で腸内の細菌相が解明されてきました。人の腸内に住み、食べ物を栄養に分解する100兆個の細菌です。この細菌たちがアレルギーや肥満、自閉症、自己免疫疾患、癌まで影響させることが解明されてきた。腸内細菌を正常化させ、健康な人生を送るためには?を少し、解説します。 ①腸内細菌が不健康だと、自己免疫疾患、癌を発症する可能性が高い。また、腸内細菌は気分や行動に影響し、一部の進行を変える可能性も出てきた。 JUSTIN SONNENBERG standford University 微生物学、免疫学准教授 *写真は豆乳で作るヨーグルト。化学薬品は入れない。 わが法人の食内容を調査を始めたところです!!
2017年01月07日 09:03 |コメント|

運動と乳がん

0000435002.jpg
運動が乳癌リスクを低減する仕組みの新しい手がかりが判明 運動をする高齢女性では体内のエストロゲンやその分解産物の濃度が低いという研究論文が、米ワシントンDCで開催された米国癌研究学会(AACR)年次集会で発表された。これにより、おそらく、運動が乳癌リスクを低減する理由の説明がつくという。 閉経後女性における運動と乳癌リスクの低下は以前から関連づけられており、エストロゲン濃度の低下がその一因であると考えられている。エストロゲン濃度が高いと、乳癌リスクが高まる可能性がある。 米国立癌研究所(NCI)癌予防フェローのCher Dallal氏によれば、今回の研究は運動が乳癌リスクを低減させる機序に関するさらなる手がかりをもたらすという。同氏らは、エストロゲン濃度に対する運動の影響について理解を深めるため、NCIのポーランドにおける乳癌研究(NCI Polish Breast Cancer Study)に健康な対照患者として登録された40~74歳のポーランド人女性540人を評価した。ホルモン補充療法を受けていた被験者はいなかった。 被験者は、さまざまな身体活動を行っていた。7日間にわたり、被験者は起きている間、加速度計を腰に装着し、全体的な活動を測定し、12時間尿も採取した。 た、尿中のエストラジオールとエストロン、さまざまなエストロゲン分解産物または代謝産物を測定した。その結果、運動は主要なエストロゲン濃度の低下と関連し、一部の分解産物の増加とも関連することが判明した。 Dallal氏は、「全体的な活動の増加は、エストロゲンの代謝を増大させるようである。15種類の代謝産物を評価できたのは今回が初めてだ」と述べている。 米シティ・オブ・ホープ総合癌センター(カリフォルニア州)のLeslie Bernstein氏は、「加速度計を用いることで、被験者に運動の内容を思い出してもらうといった他の方法よりもはるかに正確に日中の活動状態がわかる。測定された運動がホルモン濃度を下げる強力なエビデンスが初めて得られた。今回の研究から、女性にとって運動することが重要だと判明した」と述べている
2017年01月06日 22:26 |コメント|

有酸素運動と脳

0000435418.jpg
運動は、加齢による脳機能への影響を遅延させるとともに、鋭い認知能力を維持させ、認知症様疾患の予防となることが、先ごろニューオリンズで開催の米国心理学会(APA)で発表された米イリノイ大学(イリノイ州)の研究で明らかになった。 同研究の著者は「過去40年の研究をレビュー(再検討)した結果、加齢が原因の認知機能や脳機能の好ましくない変化が、身体運動や有酸素運動によって減少し、脳の可塑性(ある機能の衰えを他の機能が補う脳の能力)の維持にもつながることが明らかになった」と報告した。 65 歳以上の男女を対象に行った複数の研究では、少なくとも1日15~30分の運動を週3回行う人は、たとえアルツハイマー病の遺伝的傾向があっても、罹患の 可能性が低いことが示されていた。また、62~70歳の人を対象に、運動と脳機能の関連性を調査した研究では、仕事を続けている人や、退職後も運動をして いる人は、退職後運動をしない人に比較して、脳の血流レベルが維持できており、全般的な認知能力においても良い結果が得られていることが認められた。さらに、ウォーキングを行う高齢者ではストレッチや筋肉運動を行う高齢者に比べ、気を散らす現象に惑わされないことが明らかになった。著者らは「有酸素運動 を行った高齢者は、集中力に関与する脳部位の神経活動が上昇し、行動的葛藤に敏感な部位の活動が低下していた」と述べている。
2017年01月04日 21:44 |コメント|

愛優会グループ


TEL: 03-3869-1465
FAX: 050-3730-8781


〒134-0088
 東京都江戸川区西葛西3-11-8

モバイルサイト

愛優会グループモバイルサイトQRコード

愛優会グループモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!