医療法人社団愛優会グループ

クリニック、介護施設、認知症グループホーム等の運営刷新します。運動を中心に!新しい医療クリニックへ!

エビデンス

HOME ≫ エビデンス

   EVIDENCE(根拠)

FINGER PROJECT-3

0000479809.jpg
FINGER PROJECT③。健康的な食事と運動、社会活動で認知力の低下を予防できることが、信頼性の高い臨床試験で示された。Miia Kivipelto Caroline failure university clinical Aging science professor
2017年06月29日 07:38 |コメント|

FINGER PROJECT-2

0000479478.jpg
FINGER PROJECT②。Finlandで生活習慣の改善だけでAlzheimer's diseaseの高リスク状態が改善。FINGERでは少し強めの運動が重要な改善要因として介入された。Miia Kivipelto Caroline failure university clinical Aging science professor
2017年06月28日 07:46 |コメント|

FINGER PROJECT1

0000479465.jpg
FINGER PROJECT①。Finlandで生活習慣の改善だけでAlzheimer's diseaseの高リスク状態が改善。2年間1300人の大規模調査。脳や身体によい食事、有酸素運動、筋トレを中心とした生活習慣改善。 Miia Kivipelto Caroline failure university clinical Aging science professor
2017年06月27日 22:13 |コメント|

化学療法脳

0000467249.jpg
化学療法脳。癌治療により、記憶力障害がある。化学療法の薬剤による副作用ではないが原因不明。研究開始されたばかり。GARY SMALL MD/Director, UCLA Longevity Center Professor
2017年06月17日 09:03 |コメント|

ケアプランは標準化されたもので。

0000476563.jpg
2017年06月16日 22:26 |コメント|

運動しない人は年齢関わらず、死亡率が高い。

0000474915.jpg
運動量が低い人ほど、年齢にかかわらず死亡率が高い。 右が週に5日運動する人。ダントツに死亡率が低い。
2017年06月11日 21:40 |コメント|

今日の日本経済新聞。テロメア

0000474449.jpg
運動と睡眠が寿命のカギを握る。
2017年06月08日 23:10 |コメント|

抗菌剤の使用制限

薬剤耐性対策として抗微生物薬(抗菌薬など)の適正使用が必要であり、外来において急性気道感染症や急性下痢症の患者に不必要・不適切な抗菌薬投与は控える必要がある。例えば、感冒に対しては抗菌薬を投与しないことが推奨され、急性下痢症には基本的に対象療法のみを行うことが推奨される—。 厚生労働省は1日、このような内容を盛り込んだ「抗微生物薬適正使用の手引き 第一版」を医療機関などへ周知するよう依頼する通知を都道府県などに発出しました
2017年06月08日 07:54 |コメント|

認知症プログラム

0000437348.jpg
様々な世間の認知症予防プログラムには、いい加減な内容が多い。科学的根拠がない。単なるウオーキング程度の運動による効果は全く期待できない。西端泉・川崎市立看護短期大学教授、公益社団法人日本フィットネス協会理事。
2017年06月04日 07:53 |コメント|

睡眠不足と死亡

【5月25日 AFP】糖尿病、肥満、高血圧や高コレステロールなどの危険因子を持つ人では、十分な睡眠を確保できないと、心臓病や脳卒中による死亡率が倍増する恐れがあるとする米研究チームの論文が24日、発表された。  学術誌「米国心臓協会ジャーナル(Journal of the American Heart Association)」に発表された研究結果は、米ペンシルベニア(Pennsylvania)州で実施された成人1344人を対象とする睡眠調査に基づくものだ。被験者の平均年齢は49歳で、全体の42%が男性だった。  調査に参加した被験者らは、一連の健康診断検査を受け、睡眠検査室で1夜を過ごした。  検査の結果、被験者の39%強が、心臓病の危険因子を少なくとも3つ持つ「メタボリック症候群」であることが分かった。  心臓病危険因子としては、体格指数(BMI)30以上や、コレステロール、血圧、空腹時血糖、中性脂肪(トリグリセリド)などの値が高いなどの症状が挙げられている。  平均16年に及ぶ追跡調査を行い、この期間に被験者の約22%が死亡した。  検査室での睡眠時間が6時間未満だったメタボリック症候群の被験者グループは、保有する心臓病危険因子が2つ以下のグループに比べて、心臓病または脳卒中による死亡率が2.1倍高かった。  また「睡眠が短いメタボリック症候群の人は、症候群を持たない人に比べて全ての死因による死亡率が1.99倍高かった」とも論文は指摘している。睡眠を6時間以上取った高リスク被験者グループの死亡率は、健康な被験者グループの同1.49倍だった。  成人は1晩に7~8時間以上の睡眠を取ることを、専門家らは推奨している。  論文の主執筆者で、米ペンシルベニア州立大学医学部(Penn State College)医学部のフリオ・フェルナンデス・メンドーサ(Julio Fernandez-Mendoza)助教は、「危険因子を複数持ち、十分な睡眠を取れない人は、睡眠により注意を払い、医師の診断を受けることが、心臓疾患や脳卒中の死亡リスクを下げる上で重要になる」と話している。(c)AFP .
2017年06月01日 21:49 |コメント|

愛優会グループ


TEL: 03-3869-1465
FAX: 050-3730-8781


〒134-0088
 東京都江戸川区西葛西3-11-8

モバイルサイト

愛優会グループモバイルサイトQRコード

愛優会グループモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!