医療法人社団愛優会グループ

クリニック、介護施設、認知症グループホーム等の運営刷新します。運動を中心に!新しい医療クリニックへ!

エビデンス

HOME ≫ エビデンス

   EVIDENCE(根拠)

臭覚と認知症と死亡率

0000450303.jpg
嗅覚が衰えている人は10年以内に死にやすい (2017年3月) "Journal of the American Geriatrics Society" に掲載されたストックホルム大学などの研究で、嗅覚が衰えている人は死亡リスクが高いという結果になりました。 研究の方法 認知症ではない40~90才の男女 1,774人を対象に嗅覚テスト(*)を実施したのち、10年間にわたり生存状況を追跡調査しました。 (*) ペパーミント・松葉・オレンジ・酢・タールなど様々なものの臭いを当てるテスト。 16点満点。 結果 追跡期間中に411人(23%)が死亡しました。 年齢・性別・健康状態などを考慮しつつ分析したところ、嗅覚テストのスコアが1点下がるごとに死亡リスクが8%増加していました。 嗅覚テストのスコアが0点だったグループは嗅覚が正常だったグループに比べて、死亡リスクが19%増加していました。 解説 嗅覚は自然に低下する 嗅覚は40才ごろから衰え始め、60才を過ぎると衰え方が激しくなります。 65~80才では60%の人に重大な嗅覚障害が見られ、80才超では嗅覚障害がる人の割合が80%を超えます。 認知症との関係 また、認知症になると嗅覚が衰えることや、嗅覚が衰えている人は後に認知症になりやすいことが知られています(今回の研究でも認知症の有無を考慮しました)。 アルツハイマー病の患者では、特に左の鼻の穴の嗅覚が損なわれます。 死亡リスク 嗅覚が衰えている人は死亡リスクが高いという研究はこれまでにも行われており、例えば "Plos One"(2014年)に掲載されたシカゴ大学の研究では、嗅覚がひどく損なわれている中高年者は5年以内に死亡するリスクが4倍近くも高いという結果になっています。 対策 運動習慣がある人は嗅覚が衰えにくいという結果になった研究があります。 そして、死亡リスクの低下に運動が有効だというデータも豊富に存在します。 したがって、嗅覚の低下を防ぐにしても死亡リスクを下げるにしても、運動習慣を始めると良いでしょう。 死亡リスクの低下には軽い運動でも効果があります。 また、喫煙は嗅覚低下と死亡リスク増加の両方を助長します。 喫煙習慣がある人は禁煙しましょう
2017年03月23日 21:19 |コメント|

ビタミンDと認知症

0000438799.jpg
2017年3月) "Alzheimer's & Dementia" 誌に掲載されたボルドー大学の研究で、ビタミンDやカロテノイドなどの血中濃度が低い人は認知症になりやすいという結果。 ビタミンD 複数の研究で、ビタミンDが不足しているとアルツハイマー病などの認知症になりやすかったり認知機能の低下が早かったりすることが示されています。 ビタミンDは、日光に含まれる紫外線B波(UVB)が皮膚に当たることで合成されます。 ビタミンDを補給するには日光に1日あたり30分ほど当たると良い。
2017年03月22日 22:25 |コメント|

有酸素運動で脳内神経細胞シナプスが増加・映像

0000453997.jpg
運動後3日。運動により認知症予防のBDNF細胞が増える。
2017年03月21日 21:02 |コメント|

高齢者の薬剤③

0000453156.jpg
「年齢が上がれば上がるほど薬の副作用が増えてくる」これは頭にいれておくべき。秋下雅弘・東京大学医学系研究科教授
2017年03月19日 22:39 |コメント|

高齢者の薬剤②

0000453156.jpg
認知症の薬剤アリセプトには、長期投与で食欲を低下させる副作用があることが、最近わかってきた。秋下雅弘・東京大学医学系研究科教授
2017年03月19日 08:54 |コメント|

高齢者の薬剤①

0000453156.jpg
薬は種類が増えるほど副作用リスクが高まる。それを病気と皆が、勘違いし更に薬が増える。薬剤の悪循環。秋下雅弘・東京大学医学系研究科教授
2017年03月18日 08:28 |コメント|

食事が寿命を左右する!

0000453134.jpg
米国で2012年に心疾患、脳卒中、2型糖尿病など、心血管代謝疾患によって亡くなった人の半数近くが、基準を満たしていない食生活と関連しているようだ、という米国タフツ大学フリードマン栄養科学政策校からの研究報告。 米国の成人において、702,308人の死亡のうち、心血管代謝疾患による死亡318,656人(約45%)は、健康的な生活にとって重要と考えられている食品や栄養素の摂取が不十分であることや、そのようなもの以外の食品の過剰摂取に関連していたという。 このような食品として挙げられたものには、心血管代謝の健康に影響をおよぼすことが以前より知られてきた食品および栄養素が含まれている。ナトリウムの過剰摂取と関連する死亡の割合が、最も高く、加工肉、加糖飲料、非加工赤肉も過剰に摂取されていた。米国人は、果物、野菜、ナッツ類や種子、全粒粉、多価不飽和脂肪、魚介類のオメガ3脂肪など、健康効果をもつ食品を十分に摂取していなかった。 この研究は、食生活に関連する死亡の割合が、人口集団によって異なることも示した。例えば、女性と比較して男性で、白人と比較して黒人とヒスパニックで、高等教育を受けた者と比較して教育水準の低い者で、死亡率がより高いという傾向がみられた。「これらの結果は、人々の食習慣を変えて健康を改善するために、優先事項を特定し、公衆衛生計画を導き、戦略を提供するのに役立つはずである」と著者らは結論している。
2017年03月17日 21:49 |コメント|

喫煙者と運動不足は睡眠障害

0000444623.jpg
18才以上の台湾人男女1万3千人近くの7年分のデータを用いて、身体活動量や喫煙習慣と不眠症との関係を調べたところ、身体活動量が少ない場合には22%、喫煙習慣がある場合には45%、不眠症になるリスクがそれぞれ増加していた。 さらに、身体活動量が多く喫煙習慣も無いという健康的なグループと、身体活動量が少ないうえに喫煙習慣まであるという不健康なグループを比較したところ、不健康なグループは健康的なグループに比べて不眠症になるリスクが78%高かった
2017年03月14日 21:29 |コメント|

国立循環器病研究センター

0000445784.jpg
有酸素運動の不足は心臓にとってよいことではない。日常生活に運動を位置づけ、継続的に取り組むのが重要。国立循環器病研究センター。
2017年03月12日 08:44 |コメント|

癌と運動と死亡率

0000444623.jpg
ガンの病歴がある人も無い人も、運動習慣があると死亡リスクが低い "frontiers in Public Health" 誌に掲載された西オーストラリア大学などの研究で、ガンの病歴がある人もそうでない人も運動習慣があると死亡リスク(死因は問わない)が低いという結果になりました。 研究の方法 ガン(非メラノーマ性の皮膚ガンは除く)と診断された40才以上(平均年齢68才)の男女 1,589人の過去一週間における運動時間を調べたのち中央値で2.6年間にわたり生存状況を追跡調査しました。 さらに、ガンの病歴が無い男女 3,145人(平均年齢68才)の運動時間も調べ、こちらは中央値で2.8年間にわたり生存状況を追跡調査しました。 運動時間の計算 運動(余暇として行う身体活動)とは例えば、散歩・ゴルフ・水泳・テニス・ジョギング・自転車などです。 運動時間は次のように算出されました: 軽い運動を行う時間+中程度の激しさの運動を行う時間+激しい運動を行う時間×2 つまり、激しい運動(テニスやジョギングなど)は運動時間を2倍とみなしたというわけです。 結果 追跡期間中に、ガンの病歴があるグループでは135人が死亡(ガンで死亡したのは83人)し、ガンの病歴がないグループでは152人が死亡しました(ガンで死亡したのは52人)。 ガンで死亡するリスク ガンの病歴があるグループでは、1週間あたりの運動時間が360分以上であると、運動を一切行わない場合に比べてガンで死亡するリスクが70%低くなっていました。 ガンの病歴がないグループでは、この数字は84%でした。 総死亡リスク ガンの病歴があるグループでは、運動を一切行わない場合に比べて、1週間あたりの運動時間が150~359分である場合には45%、 そして1週間あたりの運動時間が360分以上である場合には59%、それぞれ総死亡リスクが低くなっていました。 ガンの病歴がないグループでは、この数字は48%と50%でした。
2017年03月11日 22:17 |コメント|

愛優会グループ


TEL: 03-3869-1465
FAX: 050-3730-8781


〒134-0088
 東京都江戸川区西葛西3-11-8

モバイルサイト

愛優会グループモバイルサイトQRコード

愛優会グループモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!