医療法人社団愛優会グループ

クリニック、介護施設、認知症グループホーム等の運営刷新します。運動を中心に!新しい医療クリニックへ!

エビデンス

HOME ≫ エビデンス

   EVIDENCE(根拠)

運動不足と不整脈(国立循環器病研究センター)

0000445784.jpg
近年の研究で運動と心臓の関係も詳しくわかってきました。 適度な運動で心臓の機能が改善し、心筋が鍛えられることや心肺機能が向上することは以前から指摘されていましたが、運動不足が不整脈の原因になることもあらたに解明が進んでいます。 運動と心臓とは密接なつながりがあるのです。 特に有酸素運動の不足は、心臓にとってよいことではありません。 日常生活に運動を位置づけて、継続的に取り組むのが理想です。 身体が運動不足になると、全身の筋肉が衰えます。 これに加齢による筋力の低下が加わると、低下のスピードが増していきます。 心臓も筋肉でできており、心筋が衰えることで拍動も弱まります。 拍動が弱まると、送り出される血流も少なくなり、全身に血液が届くまでに時間がかかるようになってしまいます。 このように、運動不足は心臓や身体全体にとって決してよいことではありません。 心肺機能を向上させるには、ウォーキングや水泳などの有酸素運動が最適です。 ウォーキングなら会話ができるくらいのゆったりしたスピードで、毎日30分から1時間程度歩きます。 水分補給をしっかりと行って、身体が水不足にならないように気をつけます。 水分が不足すると、血液に粘りが出て、心臓に負担がかかってしまいます。 水分補給は、一度に大量に飲むのではなく、こまめに何度も行うのがおすすめです。
2017年03月11日 22:10 |コメント|

難治性の心不全予防に運動

0000445784.jpg
運動を毎日続ければ心不全のリスクは46%低下 4万人を調査 運動を毎日続けていると、心不全を発症する危険性は46%低下することが、約4万人を対象とした調査で明らかになった。「心臓病を予防するために、もっとも効果的なのは、運動を毎日続けることです」と研究者はアドバイスしている。 高血圧や糖尿病があると心臓への負担が大きくなる  心臓は、全身に血液を送るポンプの働きをしており、「心筋」と呼ばれる筋肉と、心筋に酸素や栄養を送る血管である「冠動脈」でできている。「心不全」とは、心臓の内腔が肥大したり、心筋が厚くなったり、冠動脈が詰まったりして、血液を全身に送り出す、あるいは心臓に取り込む力が落ちた状態を指す。  心不全は日本を含む先進国で増えており、米国では5,700万人がうっ血性心不全に罹患していると推定されている。心不全の医療費も増加しており、医療費全体のおよそ2%を占める。  心不全と診断されると、心臓の働きを低下させる原因をはっきりさせ、その病気を治療することが始められるが、治療開始後の病状の見通しは明るくない。心不全の診断後の死亡リスクは30~50%に上るという。  冠動脈や心筋の異常を起こす大きな原因は、肥満、高血圧や糖尿病などだ。特に高血圧があると、気づかないうちに動脈硬化が進み、心臓への負担が大きくなる。  心不全を防ぐために勧められるのは、ウォーキングなどの中強度の運動を1日1時間行うか、ジョギングなどの負荷の強めの運動を30分程度行うことだ。 マラソンのような激しい運動である必要はない  スウェーデンのウプサラ大学の研究チームは、心不全の既往歴をもたない20~90歳の男女3万9,805人を対象に調査を行った。開始時点の1997年から、運動をする習慣と運動時間、余暇の過ごし方について聞き取り調査を行った。  その結果、余暇時間に運動をする習慣のある人では、心不全の発症が少ないことが明らかになった。もっとも心不全の発症リスクが低かったのは、ウォーキングなどの中強度の運動を1時間、あるいは水泳やジョギングなどの強度の高めの運動を30分毎日続けている人たちで、心不全の発症は46%低下していた。  逆に、心不全のリスクが高かったのは、高齢者、男性、BMIの高い肥満の人、ウエスト-ヒップ比が高いメタボリックシンドロームの人、糖尿病や高血圧、高コレステロール血症のある人たちだった。  「マラソンのような強度の高い運動をする必要はありません。ウォーキングなどの、もっと手軽に取り組める運動でも、十分な効果を得られます。運動をすることで、心不全以外の多くの疾患のリスクも低下させることができます」と、ウプサラ大学のカスパー アンデルセン氏は言う。  「先進国では、体を動かす頻度の低い生活スタイルが定着しています。多くの人が移動するときは乗用車を使い、家ではテレビやインターネットばかりを見ています。意識して体を動かさないと、運動時間を増やすことはできません」。  移動するときは車を使わず徒歩で、エレベータを使わず階段を昇る、余暇時間は屋外に出て運動をするといった生活スタイルを促進することが、心不全の予防につながる。  運動を続けることで、血圧値や血糖値、コレステロール値を下げることができる。米国心臓学会(AHA)は、40分の適度な強度の運動を、週3~4回行うことを勧めている。キーワード: 心筋梗塞/狭心症 三多(多動・多休・多接)  運動を毎日続けていると、心不全を発症する危険性は46%低下することが、約4万人を対象とした調査で明らかになった。「心臓病を予防するために、もっとも効果的なのは、運動を毎日続けることです」と研究者はアドバイスしている。 高血圧や糖尿病があると心臓への負担が大きくなる  心臓は、全身に血液を送るポンプの働きをしており、「心筋」と呼ばれる筋肉と、心筋に酸素や栄養を送る血管である「冠動脈」でできている。「心不全」とは、心臓の内腔が肥大したり、心筋が厚くなったり、冠動脈が詰まったりして、血液を全身に送り出す、あるいは心臓に取り込む力が落ちた状態を指す。  心不全は日本を含む先進国で増えており、米国では5,700万人がうっ血性心不全に罹患していると推定されている。心不全の医療費も増加しており、医療費全体のおよそ2%を占める。  心不全と診断されると、心臓の働きを低下させる原因をはっきりさせ、その病気を治療することが始められるが、治療開始後の病状の見通しは明るくない。心不全の診断後の死亡リスクは30~50%に上るという。  冠動脈や心筋の異常を起こす大きな原因は、肥満、高血圧や糖尿病などだ。特に高血圧があると、気づかないうちに動脈硬化が進み、心臓への負担が大きくなる。  心不全を防ぐために勧められるのは、ウォーキングなどの中強度の運動を1日1時間行うか、ジョギングなどの負荷の強めの運動を30分程度行うことだ。 マラソンのような激しい運動である必要はない  スウェーデンのウプサラ大学の研究チームは、心不全の既往歴をもたない20~90歳の男女3万9,805人を対象に調査を行った。開始時点の1997年から、運動をする習慣と運動時間、余暇の過ごし方について聞き取り調査を行った。  その結果、余暇時間に運動をする習慣のある人では、心不全の発症が少ないことが明らかになった。もっとも心不全の発症リスクが低かったのは、ウォーキングなどの中強度の運動を1時間、あるいは水泳やジョギングなどの強度の高めの運動を30分毎日続けている人たちで、心不全の発症は46%低下していた。  逆に、心不全のリスクが高かったのは、高齢者、男性、BMIの高い肥満の人、ウエスト-ヒップ比が高いメタボリックシンドロームの人、糖尿病や高血圧、高コレステロール血症のある人たちだった。  「マラソンのような強度の高い運動をする必要はありません。ウォーキングなどの、もっと手軽に取り組める運動でも、十分な効果を得られます。運動をすることで、心不全以外の多くの疾患のリスクも低下させることができます」と、ウプサラ大学のカスパー アンデルセン氏は言う。  「先進国では、体を動かす頻度の低い生活スタイルが定着しています。多くの人が移動するときは乗用車を使い、家ではテレビやインターネットばかりを見ています。意識して体を動かさないと、運動時間を増やすことはできません」。  移動するときは車を使わず徒歩で、エレベータを使わず階段を昇る、余暇時間は屋外に出て運動をするといった生活スタイルを促進することが、心不全の予防につながる。  運動を続けることで、血圧値や血糖値、コレステロール値を下げることができる。米国心臓学会(AHA)は、40分の適度な強度の運動を、週3~4回行うことを勧めている。
2017年03月10日 23:08 |コメント|

サルコぺニア(筋肉の質もボロボロ)運動の強化を!

0000450303.jpg
年を取ると筋肉が落ちるのは、ある程度仕方のないこと。ところが、加齢によって変化するのは、筋肉の量だけではない。高齢者の筋肉内には、霜降り状に脂肪が蓄積しがちで、その脂肪を「筋内脂肪」と呼ぶ。この度、名古屋大学総合保健体育科学センターの秋間広教授らが共同研究を行い、高齢者に見られるこの筋内脂肪が、筋力や筋肉量が落ちるサルコペニアや運動機能の低下と関連していることや、特に男性では年齢とも関連することを明らかにした。詳細は、1月20日に発行された医学誌「Archives of Gerontology and Geriatrics」(2017;70:105-111)に掲載されている。 高齢男女の筋肉の霜降り度合い、筋肉量、運動機能を測定  皮下脂肪と内臓脂肪に加え、「第三の脂肪」と呼ばれる異所性脂肪が注目されているという。異所性脂肪とは、本来は脂肪がほとんどたまらないはずの膵臓や筋肉、肝臓などに過剰に蓄積している脂肪を指す。そのうち、筋肉内にたまるのが「筋内脂肪」だ。  筋内脂肪が増えると、インスリンの効きが悪くなり糖尿病になる可能性が高くなることが、これまでの研究で分かっている。また、運動機能にマイナスの影響を及ぼすこと、加齢や肥満、運動不足により増加することも分かっている。しかし、日本人の高齢者において、何が筋内脂肪に影響を及ぼすのかについては、ほとんど明らかにされてこなかった。  そこで、研究グループは、日本人の高齢男女64人を対象に、超音波断層装置で太ももの横断画像を撮影し、得られた画像を分析。筋肉内の霜降り度合いを数値化し、筋内脂肪の指標とした。また、得られた画像から筋肉の厚さと皮下脂肪の厚さを計測し、それぞれ筋肉量の指標と脂肪量の指標とした。  運動機能を見るために、一定時間内にできた上体起こしの回数、寝た状態から立ち上がるまでに要する時間、椅子の座り立ちを連続10回行うのに要する時間、5m歩行での最大速度、6分間の歩行距離をそれぞれ測定した。また、身体組成計付きの体重計で全身の体脂肪量、体脂肪率、筋肉量、筋肉率を推定した。  その結果、超音波断層装置の画像から求めた筋内脂肪の指標に、男女差は見られなかった。また、男性は筋肉量が多く、女性は皮下脂肪の量が多かった。  運動機能測定では、6分間歩行距離以外の種目で、男性が女性に比べて優れていた。身体組成も同様で、総じて男性は筋肉量が多く、女性は脂肪が多いという結果だった。  これらの結果を基に、研究グループは筋内脂肪の指標と筋肉あるいは皮下脂肪の厚みとの関係について検討した。  その結果、男女ともに、筋内脂肪が増えて筋肉の霜降り状態が進んでいる人は、筋肉の厚みが減り筋肉量が少ないことが分かった。一方の皮下脂肪の厚みとの関係では、男性には特別な関連が見られず、女性では筋肉の霜降り状態が進んでいると皮下脂肪も多いという結果だった。つまり、脂肪組織が体に蓄積していくパターンが、男性と女性では異なることを意味しているという。 筋肉量と筋力が筋内脂肪と密接に関連  筋内脂肪の指標が、今回測定したどの因子と密接に関係しているかを調べるため、男女別に各測定値を解析したところ、男性では太ももの筋肉の厚さ(筋肉量)、椅子の座り立ち(筋力)、年齢の3つが、女性では太ももの筋肉の厚さ、椅子の座り立ちの2つが、筋内脂肪を予測できる関連因子として浮上した。また、男女合わせて解析を行ったところ、椅子の座り立ち、全身の筋肉量、年齢の3つが、筋内脂肪を予測できる因子とされた。  研究グループは、今回の結果について、「加齢に伴い、筋肉量が減少するサルコペニアが生じることはよく知られているが、それと同時に、筋肉の量的変化だけでなく、筋肉の中に脂肪が蓄積するという質的な変化が生じていることが分かった。そして、特に男性では、筋肉の質的変化に関して、加齢の影響を大きく受けることが示された」とコメントしている。  筋肉の中に蓄積した脂肪は、高齢者の運動機能にも影響を与える。研究グループは、「高齢者は、定期的に運動することで、加齢に伴って起こる筋肉量の減少と運動機能の低下を食い止め、筋内脂肪の蓄積を抑制することができるかもしれない」とし、高齢者の筋肉の量的指標のみならず、質的な指標にも着目する必要があることを強調した。さらに、「これらの研究結果は、高齢者の健康の維持・増進や、効果的な運動法の確立に役立つのではないか」と期待を寄せた。
2017年03月08日 22:01 |コメント|

抗生物質

0000450119.jpg
風邪で抗生物質は飲まないで!!厚労省の通知。
2017年03月07日 21:40 |コメント|

病院の病床

0000448499.jpg
病院の床は病原菌だらけ。 床に置かれた物を介して最大で18%の確率で人体に移動して来る (2017年3月) "American Journal of Infection Control" に掲載されたケース・ウェスタン・リザーブ大学(米国)などの研究により、病室の床が不潔であることが明らかになりました。 病室の床には複数のタイプの耐性菌がうごめいていて、悪質な感染症の温床となることが懸念されるというのです。 病院の床にわざわざ手を触れる人はあまりいませんが、床に物を落としたりすると、落とした物を伝って病原菌が人体に付着してしまう恐れがあります。 研究の方法 米国クリーブランド州にある5つの病院で、159の病室の318ヶ所(1部屋につき2ヶ所)で細菌を採集して培養してみました。 結果 病室の床がMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)、クロストリジウム・ディフィシル菌(C.ディフィシル菌)といった病原菌に汚染されているケースが多々ありました。 もっとも多く見られたのはC.ディフィシル菌による汚染で、C.ディフィシル菌の患者が隔離されている病室の床からも、そうでない病室の床からもC.ディフィシル菌が検出されました。 床 ➝ 物 ➝ 人 159の病室のうち患者が入院中だったのは100室で、この100室のうちの41%では、手を触れることが多い物(患者の私物や医療機器など)が床と接触していました。 そして、そのように床に接触した物をさわった手からは、MRSAとVREとC.ディフィシル菌がそれぞれ6%と2%と1%の確率で検出されました。 (医療用の)手袋を付けている場合には、この数字は18%と6%と3%でした。
2017年03月01日 21:14 |コメント|

UCLA

0000448116.jpg
ロサンジェルスのUCLAの大学のアルツハイマーセンターでのケアが米国で好評を得ている。認知症の症状も著しく改善し、フレイルも改善。書籍も出版された。(英語版) ・2週間のプログラム ・食事は健康的な食事に変更 ・有酸素、筋トレを中心に運動を主。 ・スパイスやハーブを使用。 以上。
2017年02月28日 07:44 |コメント|

フレイル

0000445784.jpg
フレイルになると、入院リスクは高まり死亡率は3倍増加する。津金昌一郎・国立がん研究センター長
2017年02月27日 20:53 |コメント|

うつ

0000447586.jpg
うつ病治療に運動と取り入れる。日経サイエンス。
2017年02月25日 23:25 |コメント|

有酸素運動は心臓を保護する(ゲノム)

0000445784.jpg
コレステロール値や健康的な食事と並んで、身体活動も心臓の健康においては同様に重要であるという研究。持久性運動の応答として、損傷されたDNAを修復するのに用いられる遺伝子発現が増加したとメリーランド大学医学部及びテキサス大学南西医療センターなどの研究者らが報告している。運動のような生理学的ストレッサーが心臓組織のリモデリングを可能にするというのである。 本研究の知見は運動がいかにして新の保護効果をもたらすのかということを理解する上で重要な視点である。研究者らはこの機序の理解と基本的な心臓の生物学的理解が、将来的に寿命の延長や投薬をしないで慢性心疾患を治療するというような治療法の確立につながりうる可能性があるのだ。高血圧などありふれた慢性疾患も、投薬治療をせずに改善できる可能性がある。 研究者らはトレッドミル上を30分間走らせたマウスの心臓を分析した、運動していないマウスと運動マウスで遺伝子発現がどのように異なっているのかを比較したのだ。本研究の結果はヒトにも応用することが可能であるという。これらマウスにおいて見られた遺伝子は同様のプロセスを通じてヒトでも調整されているのである。 本研究で発現が確認された遺伝子はゲノムの安定性に重要な役割を果たしているが、運動を行う事によって、心臓組織において上方制御される事が明らかになった。この事が運動による心の健全性を導く保護効果に貢献している可能性が有るのではないか、と研究者は指摘している。
2017年02月24日 22:55 |コメント|

日本人のゲノム遺伝子(文部省)

0000447444.jpg
日本人のゲノムが確定され、文部省より公式発表がなされました。認知症に関するゲノムは約30項目。人種による違いもあるようです。
2017年02月24日 22:46 |コメント|

愛優会グループ


TEL: 03-3869-1465
FAX: 050-3730-8781


〒134-0088
 東京都江戸川区西葛西3-11-8

モバイルサイト

愛優会グループモバイルサイトQRコード

愛優会グループモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!